Japanese Juku

ブログでレッスンを示す実験

My Five Minute Speech

Here’s the text from my speech in Inazawa yesterday. Can you understand it? I’ll post some translation later. For now, give it a look see:

私はエリックと申します。アメリカのシアトルから来ました。

今日は「言葉がくれた幸せな気持ち」に就いて話したいと思います。

初めて日本へ来たのは平成元年で、仕事で来ました。それから3年間アメリカと日本を行ったり来たりしました。その後12年間ずっとまた日本へ来たいと思っていましたが、2004年の5月に英語の教師としてやっと日本へ来ることが出来ました。

19年前は日本語が全然分かりませんでした。字も読めなかったし、言葉も知らなかったし、文も5つ位しか喋りませんでした。友達がよく使う表現をローマ字で書いてくれたのでそれを言ってみましたが通じませんでした。それで一生懸命発音練習をしました。相手が分かってくれた時「やった!」と思いました。

レストランや店等で店員はいつも敬語でとても丁寧に話します。それに決してはっきり「駄目」とは言いません。私は何回も色々な言い方で同じ質問をしてみましたが、答えはよく分かりませんでした。それで私はいつも不安でした。

最近少し敬語を勉強したので、段々丁寧な話方も分かるように成ってきました。そして、よく行くレストランで今まで 何回聞いても分からなかった「ご注文は以上で宜しいですか?」や「ご注文がお決まりに成ったら仰って下さい。」等の意味が分かった時私は子供のように大喜びしました。

それから店で品物を探した時も時々失敗しました。例えばオートミールが欲しかった時私は辞書で調べて「烏麦がありますか?」と聞きましたが店員には分かりませんでした。3ヶ月後でついに店で「オートミール」と書いてあるのを見た時は本当に嬉しかったです!

外国で暮らすならその国の言葉を学ぶべきです。私も日本語が分かるように成ったお陰で日本をもっと深く知ることが出来るように成りました。今私はストレスも無く、本当に幸せな気持ちです。日本語に感謝しながら、これからもずっと勉強を続けて行きたいと思います。

之で私のスピーチを終わります。今日はどうも有難う御座いました。

Advertisements

March 3, 2008 Posted by | Kanji, Usage | 2 Comments